台東区浅草橋の歯医者ならあさくさばし歯科|矯正歯科

03-3863-6480

ご予約はこちら

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは、「悪い噛み合わせ」や「不適切な歯並び」を治す診療科目です。
矯正装置を用いて、歯に一定の力を加えることにより、人為的に正しい位置まで動かし、上顎と下顎の歯並びを整え、正常な噛み合わせにします。これを矯正治療と言います。

矯正治療の効果

歯並びや噛み合わせが悪いと、歯がよく磨けず、虫歯や歯周病になりやすかったり、よく噛めないために胃腸に負担が掛かったりします。
また、顎関節症や片頭痛、肩こり、腰痛などを招くことがしばしばです。精神面に悪影響が及ぶことも少なくないと言われます。
歯並びを整えると、心身の健康に良く、また見た目が美しくなる、正しい発音ができるようになるなど、いろいろと良い影響がもたらされます。

よく見受けられる症状

下記のような症状が当てはまる方、歯並びを良くしたい方は、お気軽にご相談ください。

  • 下の前歯が、上の前歯よりも前方に出ている(下顎前突)。
  • 上の前歯が前に突出している、または下顎が後退している(上顎前突、下顎後退)。
  • 歯を噛み合わせた際に、前歯が噛み合わずに、開いてしまう(開咬)。

当院の主な矯正治療

ワイヤー矯正

ブラケットとワイヤーを使った、いちばん標準的な矯正法です。歯の表面(または裏面)にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して力を掛けることで、少しずつ歯を動かしていきます。ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けなければならないため、見た目に影響しかねませんが、ブラケットには金属以外にも、透明なプラスチックやセラミックでできたものもあります(クリアーブラケット、セラミックブラケット)。ワイヤーにも複数の種類があり、審美性に優れたタイプもあります。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを歯列に被せて歯を移動させる、最新の歯列矯正法です。歯型を取ってマウスピースを製作し、これを装着することによって、トレー1枚につき0.2~0.5mmずつ歯を動かしていきます。従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正装置と違い、装着しても目立ちません。自分で脱着可能なのが大きな特徴で、食事も歯磨きもいつも通りに行えます。使用するマウスピースの数は、難易度などにより異なってきますが、1人あたり大体20~60個です。

床矯正

床(しょう)矯正は、取り外し可能な、入れ歯に似た形をした装置(床装置)を使った矯正法です。床装置にネジが付いていて、そのネジを回して顎を拡げたり、歯を動かしたりして歯並びを整えていきます。床矯正は歯を無理やり動かすのではなく、顎を拡げていくので痛みがほとんど無く、治療後の後戻りの心配もまずありません。

ムーシールド

ムーシールドは乳歯列期(乳歯が生え揃ってから永久歯が生え始めるまでの時期)に、いわゆる受け口(反対咬合)を改善する装置です。乳歯列期に治療を行うことにより正常な顎骨の成長発育を促し、永久歯の正常な生え変わりをもたらします。日中1時間と夜間の睡眠中に装着すると、舌や口腔周囲筋の状態が整えられるため、反対咬合が改善します。

トレーナー矯正

トレーナー装置という軟らかいシリコンでできたマウスピースを使用しながら、呼吸や、口の周囲にある筋肉の習慣を修正していく矯正方法です。マウスピースは、お口の状況に合わせて最も適したものを選びます。取り外し式ですので、起きている時1時間以上と、寝ている時に嵌めて使います。使い続けることで、少しずつ呼吸や口周りの筋肉の動きが変わってきて、自然と歯並びも整ってきます。

インプラント矯正

インプラント矯正は、インプラントの技術を活かした矯正方法で、矯正専用に開発されたインプラントを顎の骨に埋め込み、このインプラントを支点(固定源)にして、動かしたい歯を引っ張ることにより歯並びを整えていく方法です。この方法なら、歯がスムーズに動いてくれるので、治療期間を大幅に短縮でき、これが一番のメリットです。抜歯も最小限に抑えることができます。

部分矯正(MTM)

動かす歯を1本~数本に限定して行う矯正治療です。通常の矯正では多くの歯を動かすため、治療に2~3年の治療期間が必要になります。しかし、部分矯正では、動かす歯を限られた数に絞って矯正するので、補綴治療(歯の欠損をクラウンやブリッジなどの人工物で補う治療)を組み合わせれば、半年くらいで症状を改善できます。
ただし、部分矯正は、あらゆる症例に適応になるというわけではありません。しかし、短期間で施術することができますし、補綴治療やインプラント(人工歯根)治療を行う際に、歯の位置や傾斜など歯並びの一部を事前に修正する場合や、隙間が開いている前歯を移動させる、傾いている歯をまっすぐにする、などの場合に効果的です。

小児矯正について

小児矯正は、顎の骨のバランス・大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と永久歯が生え揃い、顎の成長が終わってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階の治療になります。
1期治療は、顎の骨がまだ軟らかく、これから成長していくお子様(3~12歳頃)であればこそ可能な治療で、ある程度顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことができます。1期治療で顎の骨を整えれば、永久歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療を要さなくなるケースもあります。
2期治療では、ワイヤーやブラケットなどによる矯正を行います。矯正治療が終了したら、保定装置(リテーナー)によって「後戻り」を防ぎます。