台東区浅草橋の歯医者ならあさくさばし歯科|口腔外科

03-3863-6480

ご予約はこちら

口腔外科

口腔外科

口腔外科

口腔外科とは、口の中(口腔)や顎、顔面などの疾患を扱う診療科目です。
この領域には、歯が原因となって生じる疾患、交通事故やスポーツなどによる外傷、また悪性腫瘍など、様々な疾患が発生します。しかも、この領域に異常が生じると、食事や発音・会話がうまく出来なくなるなどの機能的な障害に留まらず、見た目の問題も現れてきます。
そんな場合も、口腔外科における治療により口腔や顎、顔全体の形態や機能が回復すれば、健康美を取り戻すことができます。

当院の口腔外科

当院の口腔外科では、親知らずや埋伏歯の抜歯、口の中のできもの(腫瘍)、歯牙移植・歯牙再植、顎関節症などに対応いたします。

以下のような場合はご相談ください。

奥歯を噛むと痛い、歯茎が腫れた

親知らずや永久歯などが顎の骨に埋まったままうまく生えてこないと(埋伏歯)、それが原因となって歯茎に炎症が起こったりします。また、虫歯や歯周病が原因となって歯茎に膿が溜まり、腫れてくることがあります。

口の中や舌のできもの、口内炎

口の中や舌などには、腫瘍や水ぶくれのようなできもの(嚢胞)が生じることがあります。口内炎などの炎症が生じることも少なくありません。難治性の口内炎もありますので、気になる炎症が生じた際は、ご相談ください。

口や顎の外傷

唇や頬などの顔のケガや、口の中の切り傷、歯、歯槽骨が折れたなどという場合は、口腔外科の診療対象になります。

当院の口腔外科における主な治療

親知らずの抜歯

親知らずは、手前の歯と同じ生え方をしており、普通に噛めていれば問題無いのですが、例えば横に生えたり、生え切らなかったりするケースがほとんどです。すると、きちんと歯磨きが出来ないので、虫歯や歯周病になる可能性が高くなってきます。そのような親知らずは、抜いてしまったほうが得策と考えられます。親知らずが気になりましたら、一度ご相談ください。

埋伏歯の抜歯

埋伏歯とは、骨または粘膜の中に埋もれて、出て来られない歯のことです。
埋伏歯は、その埋伏している状態によって「完全埋伏歯」(完全に埋まっている)、「不完全埋伏歯」(歯の一部分が見えている)、「水平埋伏歯」(親知らずが真横を向いて埋まっている)の3種類に分けられます。
こうした埋伏歯の原因の多くは、歯が生え出すのに必要なスペースの不足です。
埋伏歯があると、歯が押されて歯並びが悪くなったり、永久歯が生えてこられなかったり、また嚢胞(水ぶくれのようなできもの)の原因になったりします。親知らずが不完全埋伏歯の場合には、親知らず周囲の歯茎が炎症を起こすこともあります(智歯周囲炎)。
埋伏歯がある場合には、問題が無ければそのままにして様子をみることもありますが、歯を覆っている骨を削って埋伏歯が生えてくるように誘導したり(開窓療法)、埋伏歯を牽引して矯正したりするケースもあります。親知らずが埋伏している場合には、多くは抜歯を行うことになります。

お口のケガ

何かにぶつけて口をケガしてしまったような際は、早めにご来院ください。唇や粘膜が切れてしまった場合は、そこから細菌などが侵入して感染する(病原体が寄生して増殖を始めること)恐れがありますので、早めの処置が必要です。また、ぶつけて歯が抜けてしまったような場合や、グラついていた歯が抜けてしまったような場合も、すぐにご来院いただければ、早急の処置により歯を残せる可能性があります。抜けた歯は軽く水洗いして(根元を強くこすらないように注意してください)、ご来院までの間、何らかの容器に牛乳を注ぎ、その中に入れてお持ちください。

歯牙移植と歯牙再植

歯牙移植とは、虫歯が進行して残せなくなった歯があり、しかも自分の口の中に親知らずや、埋まっている歯があるような場合に、残せなくなった歯を抜いて、その代わりに親知らずなどを移植する治療法のことです。言わば「歯のお引越し」です。
なお、条件を満たせば、健康保険を使った治療が可能です(保存できない歯を抜いた日と同日に、親知らずや埋まっている歯を移植した場合)。
また歯牙再植とは、根尖(歯根の先端部分)に膿の袋が生じて通常の根管治療(根っこの治療)では治せないような場合に、いったん抜歯して根尖の治療をしてから、再び元の位置に戻す治療です。

顎関節症

顎関節症は、顎を動かした時に痛みが走る、口を開けたり閉じたりした時に関節部がポキッと鳴る、などの症状が見られる症候群で、20~30代の若い女性に多く見られます。

顎関節症の症状

主に下記のような症状が、一つ、もしくはいくつかが重なって現れます。
これらのほかにも、顎の周辺だけでなく、首や肩、腰をはじめ全身のいろいろな部分に多様な症状が現れることがあります(逆に、顎の周辺に異常があるからと言っても顎関節症とは限りません)。

  • 顎が痛む
  • 口を大きく開けられない(開口障害)
  • 顎を動かすと音が鳴る(関節雑音)
  • 噛み合わせに違和感がある
  • 口を完全に閉じることができない
顎関節症の原因

原因としては、食いしばり、歯ぎしり、外傷、精神的ストレス、左右いずれか片側の口でばかり噛む習慣などのほか、様々な要因が絡み合っていると考えられ、原因もタイプもいろいろです。

顎関節症の治療

治療法には、下表のような方法があります。
当院では多方面にわたる検査を行い、その結果を総合的に判断した上で、個々の患者さんに適した治療法をご提案いたします。

スプリント療法(マウスピースによる治療)

スプリント(顎関節症用マウスピース)を就寝時に装着することによって、顎の筋肉の緊張を緩め、食いしばりや歯ぎしりを改善したり、その弊害を軽減したりします。スプリントには、いろいろな種類がありますが、患者さん一人一人の歯型に合わせて、個別にお作りいたします。

認知行動療法

「食いしばり」「歯ぎしり」「歯をカチカチならす」など(ブラキシズム)の癖や片側の口でばかり噛む習慣とその背景因子を本人に自覚させ、止めさせるように導く心理的な手法です。

運動療法

口を開いたり、顎を動かしたりする訓練です。

薬物療法

薬で炎症を鎮めたり、痛みで凝り固まった筋肉に筋弛緩剤を投与したりして緩めます。また、夜間の歯ぎしりや食いしばりを抑えるために睡眠導入剤、痛みの軽減のために抗不安薬や抗うつ薬などを処方するケースもあります。

物理療法

痛みを軽くするために、患部を温めたり冷やしたりします。

マニピュレーション法

関節円盤(顎関節のクッション役をしているコラーゲン組織)を正しい位置に戻す手法です。