台東区浅草橋の歯医者ならあさくさばし歯科|一般歯科

03-3863-6480

ご予約はこちら

一般歯科

一般歯科

虫歯と歯周病の治療

虫歯と歯周病の治療

当院の一般歯科では、主に「虫歯」ならびに「歯周病」の治療を行っております。
歯と歯茎のトラブルでしたら、どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

虫歯治療

虫歯も早期の治療が大切

虫歯は、「ミュータンス」と呼ばれる細菌(いわゆる虫歯菌)が、歯に付着した糖をエサにして酸を作り、その酸によって歯が溶け、やがては穴が開いてしまう疾患です。
初期の虫歯ですと、痛みなどの自覚症状がありません。しかし、虫歯が進行するにつれて患部に細菌が繁殖して病巣が広がり、歯は痛み始めます。そのままに放置すると、さらに虫歯が進行していくだけでなく、他の健康な歯にも悪い影響を与えますので、早期の治療が大切です。

虫歯の原因と進行度合い

虫歯の進行度合いには、下記の5つの段階があり、この段階および個々の患者さんの状態に応じて、治療法もそれぞれ異なってきます。虫歯が進行すればするほど、その治療には時間と費用が掛かるようになりますので、早めに歯科を受診しましょう。

  • 最初期=C0
  • 初期=C1
  • 中期=C2
  • 後期=C3
  • 末期=C4

進行度合い別の虫歯治療

C0の治療

穴が開く前の「最初期」の虫歯です。溝の部分に茶色い着色が見られることがあります。この段階なら、歯を削ること無く、治療を終えることができます。

C1の治療

表面のエナメル質まで、虫歯が進行している状態です。ほとんど痛みが無く、虫歯に気づかないこともあります。虫歯になったエナメル質の部分だけを削り、レジン(プラスチック)や金属などを詰めるだけの簡単な処置で済むため、麻酔をしなくても治療に痛みはほとんど伴いません。

C2の治療

エナメル質表層下の象牙質(エナメル質の下にある硬組織)まで、虫歯が進行している状態です。冷たい飲食物などが歯にしみたり、噛んだ際に痛みを伴ったりすることがあります。虫歯になった部分だけを削り、詰め物をしますが、治療で削る歯質が多いようなら、全体を被せ物で覆ったりもします。

C3の治療

象牙質の奥にある歯髄腔(歯の中の神経と血管が入っている空洞)まで、虫歯が進行している状態です。さらなる細菌の侵入や、根っこの外への感染、痛みを防ぐために歯髄を取り除き、歯の中をきれいに消毒した後、根尖孔(根っこの先にある歯髄の出入り口)までを完全に薬で塞ぎ、根っこの内部と外部とを遮断します。歯の根の治療を終えたら、金属などを使って土台をつくり、被せ物を接着します。

C4の治療

歯冠部のほとんどが溶け、歯根部分だけが残っている状態です。既に歯髄(歯の神経)が死んでいるので、強い痛みはありません。ここまで来ると、もはや治療することはできませんので、早く歯を抜いて傷の治癒を待ち、歯が無くなった部分をどのようにして噛めるようにするかを考えます(入れ歯、ブリッジ、インプラントなど)。

虫歯の再発防止

治療を行った後は、定期的なメンテナンスを行うことにより、虫歯の再発を防ぐことができます。そして、虫歯の予防にあたって、なんと言っても大切なのが歯の掃除です。硬く固まってしまった歯垢(歯石)は、もはや歯磨きでは取り除けませんので、歯科でしっかりクリーニングしてもらいましょう。歯が痛くなってから歯科にかかるのではなく、歯の検診を兼ねた定期的な受診をお勧めいたします。年に一回は「歯科検診」を受けましょう。

歯周病治療

歯周病について

歯肉炎と歯周炎を合わせて歯周病と言い、歯と歯茎の間に細菌が繁殖することによって起こる炎症性疾患です。
歯周病は、初期の段階では自覚症状がほとんど無いため、気づかないうちに進行し、最悪の場合、歯が抜けてしまうこともあります。また近年、歯周病は口腔内だけの問題でなく、心臓病や肺炎、糖尿病など、多方面にわたる疾患の発症リスクを上げるほか、歯周病の妊婦さんでは、およそ5倍も早産リスクの高いことが明らかになっています。

最終的には歯が抜けてしまう

歯磨きが不十分なために歯と歯肉の間に細菌が棲みついてプラークが溜まると、そこに炎症が生じます。これが歯周病の始まりです。初期には自覚症状はほとんどありませんが、徐々に赤みや腫れ、出血、排膿、口臭など、いろいろな症状が起こり始めます。
プラークが石灰化して歯石になると、通常のブラッシングでは除去できなくなり、歯周病は悪化します。歯と歯肉が付着しているすき間に「歯周ポケット」が生まれ、炎症が歯肉の内部まで進行すると、歯肉溝が深くなってきます。やがて歯根膜(歯と歯槽骨を繋いでいる組織)や歯槽骨が破壊され、歯を支える力が次第に弱くなって、歯はグラついてきます。この状態を放置すると、やがて歯は抜けてしまいます。

こんな症状は早めにご相談ください(例)

  • 朝起きた時などに口の中がネバネバする
  • 歯磨きをした際に歯茎から血が出る
  • 歯と歯の間の「すき間」が広がってきた
  • 歯茎が腫れたり、膿が出たりする
  • 歯茎の色が赤や紫色に変色した
  • 歯茎が下がり、歯が長くなったように見える
  • グラグラと揺れている歯がある
  • 歯茎がむず痒い
  • 歯ぎしりをする
  • 口臭が気になる
  • 口内炎が生じやすい
  • 硬いものを噛むと痛みが走る
  • 冷たいものを含むとしみる など

歯周病の進行度別治療

歯と歯茎のすき間 進行度
1~2mm 健康な歯茎です。
2~3mm 歯肉炎の状態です(炎症が歯肉に留まっている)。
歯茎に炎症が起き、腫れもみられます。歯磨き指導と歯の表面の歯石除去を行います。
3~5mm 歯周炎(炎症が周囲の歯や骨にまで広がっている)「軽度」です。
歯茎の炎症が悪化し、歯周病菌が歯周組織に侵入しています。この頃から、歯槽骨や歯根膜の破壊も始まります。歯磨き指導と歯の表面の歯石除去を行います。
4~7mm 歯周炎「中度」です。
炎症がさらに広がり、歯槽骨の破壊も半分近くまで進んでいます。この頃になると、歯がグラつき始めます。歯磨き指導と歯の表面・歯茎の中の歯石除去を行います。
6mm以上 歯周炎「重度」です。
歯槽骨の破壊が半分以上に及び、歯もグラグラになります。歯磨き指導と歯の表面・歯茎の中の歯石除去、および歯周外科治療を行います。

当院での歯周病治療

歯周病の治療で大切なことは、歯科クリニックで下記のようなメンテナンス処置を受けることと、毎日の正しいブラッシングです。
日々の汚れを落とさなければ、歯科に定期的に通っていても、その意味がほとんど無くなってしまいます。正しいブラッシング指導をお受けになり、それをぜひ励行していただきたいと思います。

スケーリング

スケーリングとは、歯石を除去することです。歯周ポケットの中に隠れている歯石を、スケーラー(歯石を除去するための専用器具)を用いて取り除きます。歯石の中にはたくさんの細菌が生息しており、そのままにしておくと、細菌が歯周組織を破壊していきます。そのため歯周病の原因であるポケット内の歯石を取り除くことが、歯周病の予防と治療には欠かせないのです。

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、歯周ポケットの奥深い部分に入り込んだ歯石をスケーラーで除去し、また細菌に感染した歯質をきれいに除去する治療のことです。歯周ポケットが深いと、歯肉の下に歯石が付着してしまいます。また、歯根には細菌が出す“毒素”が根面に浸透していきます。そうした歯石や細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除く処置がルートプレーニングです。ルートプレーニングは、ポケットの奥深くまでスケーラーを挿入するため、通常は局所麻酔をした上で行います。

フラップ手術(歯周外科治療)

フラップ手術とは、上記のルートプレーニングでは取り切れなかった、さらに深い部分の汚れや、歯垢・歯石を除去する処置です。ルートプレーニングと異なるのは、歯肉に「切開」を加える点です。切開により、歯肉の深い部分を直接目で観察することができるようになり、歯根の表面まできれいにすることが可能になります。